大阪市環境経営推進協議会
事業者による「環境経営」実現のサポートを致します。










設立目的 

大阪市環境経営推進協議会は、大阪市及び市内の事業者・団体が相互に連携協働し、
環境経営、環境保全に関する知識と技術の向上及びその交流を図り、
もって自主的な環境保全への取り組みの推進と快適な都市環境の保全と
創造に寄与することを目的に設立します


会長あいさつ(令和元年度通常総会にて)


令和元年7月3日
大阪市環境経営推進協議会会長 南 克昌
 
 開会にあたりまして、一言、ご挨拶を申し上げます。
 本日は、お忙しい中、会員の皆様におかれましては、大阪市環境経営推進協議会通常総会にご出席を頂き、 誠にありがとうございます。
 日頃は、当会の運営に関しまして格別のご配慮をいただき、重ねてお礼申し上げます。
 また、会員の皆様には、お変わりなく、各界でご活躍されておられますことを、お喜び申し上げます。
 平成19年6月に設立された当会も、はや11年が経過いたしました。 平成30年度も環境をテーマにしたセミナーや視察研修会など、皆様のご協力を得て、 いずれも好評のうちに終えることが出来ました。これもひとえに皆様のご協力のお陰であり、 ここに深く感謝をいたします。ありがとうございました。

 また、昨年は大阪北部地震や近畿地方を襲いました台風など、皆様の事業所並びに従業員の皆様への 被害も少なからず発生したとの報告を受けておりますが、くれぐれもご無事でまた早期の復帰を しておられることを心より祈念いたしております。

 さて、ここ大阪では、6月末にG20(ジィ・ツエンティ)が行われ、 世界の政治家のトップが1か所に集まるという大きなイベントがありました。環境関連では、 海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて「大阪ブルーオーシャンビジョン」として2050年までに 新たな汚染ゴミを出さないという大きな方向性が示されました。
 当協議会もこういった新しいテーマに積極的に取り組んで、会員企業の皆様の環境経営に お役立ち出来るように励んでまいる所存でございます。開発と環境保護は両立しないものととらえられておりましたが、 近年では、環境保護は経済開発の大前提であるとの認識に変わってまいりました。 現在、330社の会員様に参加していただいておりますが、新しい環境に関するいろいろな知識をそれぞれの事業所に持ち帰っていただいて、環境経営のお役にたてていただいていることと思います。
 この総会の後で予定しております基調講演でも、最近よく話題にとりあげられているSDGs(エスディジーズ)の お話が聴けるとのことでございます。 当協議会は、こういった環境活動を取り巻く新しい世界の動向も取り入れながら、 会員企業様のお役にたてるように、さまざまな活動を展開してまいる所存です。

 本日の総会でご審議いただきます内容をもとに、令和元年度の活動に臨むこととなりますが、 どうか会員の皆様におかれましては、一層効果的な運営や積極的な活動の展開を図れるよう、 真摯なご審議・ご議論をお願いいたします。 最後になりましたが、当会が多くの会員にとって魅力ある活動ができますこと、 また、会員事業者の皆様のさらなるご発展をお祈りし、会員各位が社会的責任を果たされることを 祈念しまして、簡単ではございますがご挨拶とさせていただきます。




組織及び規約・規程

大阪市環境経営推進協議会規約

総会及び理事会の運営に関する規程

企画委員会規程

地域部会設置規程


協議会役員リスト


組織図