大阪市環境経営推進協議会
事業者による「環境経営」実現のサポートを致します。



事業・活動内容
大阪市環境経営推進協議会はこんな事業を行います。



平成30年度活動計画


平成29年度事業実績ページへ
平成28年度事業実績ページへ 平成27年度事業実績ページへ 平成26年度事業実績ページへ 平成25年度事業実績ページへ  平成24年度事業実績ページへ
  平成23年度事業実績ページへ 平成22年度事業実績ページへ  平成21年度事業実績ページへ  平成20年度事業実績ページへ  平成19年度事業実績ページへ

平成30年度の活動
第1回企画委員会 2018年7月9日(月)
通常総会・講演会・交流会 2018年6月28日(木)
第1回理事会 2018年5月9日(水)
   




●平成30年度第1回 企画委員会


企画委員会

平成30年7月9日(月)10時00分〜11時30分に本町の東芝大阪ビル会議室において 第1回企画委員会が開催されました。
冒頭に事務局から、6月28日の通常総会が無事に終了し、平成30年度の活動に 入れたことに対するお礼の言葉の後、福井企画委員長を議長として、 平成30年度のセミナー及び視察研修先についての委員会が行われました。 参加は企画委員3名様と会会長・副会長5名の大阪市様にも加わっていただきました。 塚本事務局員より前年度セミナー内容及びそのアンケート結果の報告と、セミナー及び視察研修先について提案もあり、検討の結果、本年度の活動として下記のテーマが選ばれました。
今後事務局を中心に具体的に計画を立て、皆様にご案内いたしますので、奮っての参加をお願いいたします。

セミナーのテ−マ
   ・防災(地震・洪水)に備える具体対策例
   ・地球温暖化、大阪市環境基本計画
   ・廃プラチック問題、海洋汚染
   ・これからのエネルギー
視察先のテーマ
   ・産業廃棄物リサイクル
   ・本田技研工業 鈴鹿製作所
このページのトップへ




●通常総会・講演会・交流会

 6月28日(木)午後3時から天王寺区のホテルアウィーナ大阪において、 大阪市環境経営推進協議会の通常総会とそれに引き続いて講演会と交流会が行われました。

●通常総会
 冒頭に南会長と大阪市環境局の環境局環境施策部長の池上様よりご挨拶をいただいたあと、 総合司会の宇田吉明氏より出席会員44名、書面表決会員118名、委任状提出会員35名、計197名の出席により、 総会の有効成立が宣言されました。

 総会は提出された議案書に基づき進められ、5つの議案が審議されました。 はじめに、第1号議案「役員の改選について」は福島区、西淀川区、東淀川区の3名の理事の交代が承認されました。
 第2号議案「平成29年度事業報告」及び、第3号議案「平成29年度決算報告及び監査報告」について 事務局からの説明と、会計監事の島屋の福嶋次長様より監査報告が行われたあと、満場挙手で承認されました。
 続いて、第4号議案「平成30年度 事業計画(案)」及び、第5号議案「平成30年度収支予算」について 事務局から説明がありました。平成30年度の活動として、設立時の協議会の活動目標の4つの柱に 沿った活動を引き続いて行うほか、近年大いに話題になっているSDGsなどを事業計画に組み入れる方向性が 説明され、またその予算案が満場一致で承認されました。

 
南会長   池上部長



●講演会
「関西SDGs貢献チャレンジ」経済産業省近畿経済産業局通商部
              国際課長      橋本俊次氏

 持続可能な開発目標(SDGs)の17のゴールと169のターゲットの説明にはじまり、 日本政府が内閣に推進本部を立ち上げ、本腰を入れて国家戦略として取り組んでいること、 またこの実施の指針である「SDGsアクションプラン2018」による主要な取り組みの紹介を していただきました。
 SDGsと企業の役割について、ビジネス戦略をSDGsに適合させることによる恩恵とビジネス機会の 創設に寄与する好事例をいくつかの会社の実例で説明されました。
 また、自治体・市民団体・大学・政府機関など関西のビジネスや国際貢献を加速していくことを 目的とした「関西SDGsプラットフォーム」を設立して、ネットワークによる活動の 広がりを求めて、キックオフ会議が3月に行われており、会員の企業様の参加も期待されました。

橋本課長



◆大阪市からの報告
「大阪市の環境施策の動向について」
  環境局環境施策部環境施策課長  岡本 充史氏

 大阪市の環境施策のエコカー普及促進への取組みと生物多様性の戦略の説明を頂きました。 まず、大阪市の公用車は現在ほぼ50%がエコカーでありこれを2030年には救急車や消防車などのエコカーを 選定出来ない車種を除くすべての公用車に、また、市民や事業者への普及を図るためにEV用充電施設の拡大と 水素ステーションの規制緩和や財源対処などに取り組むことの説明を受けました。
 また大阪市が「生物多様性の恵みを感じる町」になるべく、小学校などでの教育や自然空間の 保全などにとりくんでいく施策を紹介されました。 最後に2019年には「大阪市環境基本計画」の改定が控えており、 世界や国の目標となったSDGsを取り込んだ施策つくりをめざしているとのお話もしていただきました。

岡本課長



◆交流会
 総会と講演会の後、午後5時30分から会場を移して会員相互の情報交換と 親睦会をかねた交流会を催しました。金子副会長の挨拶と乾杯の音頭で始まり、 名刺の交換や情報交換に和やかなひとときを過ごしました。
 総会の直前の6月18日に大阪北部で大きな地震があり、被害も多くニュースになったことから、 交流会の中で、当時の会社の被害状況などを発表していただく場を設け、 田岡化学工業様・大阪警察病院様・アジア太平洋トレードセンター様などからお話を伺いました。 最後に辻副会長の中締め挨拶で、閉会を迎えることが出来ました。

交流会風景

このページのトップへ




●平成30年度第1回理事会


理事会

 本年度の第1回理事会が5月9日(水)午前10時からドーンセンター会議室で行われました。
 南会長と大阪市環境施策部環境施策課の浪越係長の挨拶の後、6月開催予定の総会案内と、 そのときに提出される予定の議案として「理事の選出について」「平成29年度事業報告と会計決算報告」 「平成30年度事業活動(案)と予算(案)」の説明があり、質疑応答の後、全議案が承認されました。

このページのトップへ