大阪市環境経営推進協議会
事業者による「環境経営」実現のサポートを致します。







平成21年度活動報告



平成21年度の活動
二酸化炭素削減コンペ表彰式・事例発表会 2010年3月3日(水)
第3回セミナー「廃棄物の排出事業者責任とCSR」 2010年2月12日(金)
地域部会の活動「東成部会・淀川部会・西部会」 2010年2月1日(月)、23日(火)
地球温暖化防止パートナーシップフェア 2009年12月12日(土)
第2回視察研修会(大阪PCB廃棄物処理施設、大阪市舞洲工場) 2009年11月27日(金)
第2回セミナー「改正省エネ法」「事業者の省エネ」 2009年10月2日(水)
第1回視察研修会(ダイキン工業梶j 2009年9月17日(水)
第1回企画委員会 2009年7月15日(水)
第1回セミナーEA21大阪市自治体イニシアティブ説明会 2009年7月8日(水)
第2回理事会 2009年6月25日(水)
大阪市環境経営推進協議会通常総会 2009年6月25日(火)
第1回理事会 2009年4月22日(水)
   




●二酸化炭素削減コンペ表彰式・事例発表会


 平成22年3月3日(水)piaNPO 6F会議室において、当協議会がエコパートナーとして参画している 「なにわエコ会議」の「環境に配慮した企業部会」が主催となって、二酸化炭素削減コンペ表彰式 ・事例発表会が実施されました。
 本年は2年目になりますが、12事業所からの応募があり、審査委員会による厳選な審査の結果、 6事業所の受賞が決定しました。表彰式では宇田企業部会長から表彰状と副賞が渡され、 日頃の環境活動の成果を讃えられました。

○エコ大賞   真鍋鉄工株式会社 大正工場
○準エコ大賞  西日本金属株式会社
○健闘賞    生活協同組合おおさかパルコープ共同購入配送センター
○貢献賞    大和紙料株式会社 本社
○アイデア賞  マルシェ株式会社 本社、八剣伝中津店、酔虎伝森の宮店
○普及啓発賞  株式会社KDP


 表彰式、記念撮影の後、真鍋鉄工株式会社、マルシェグループ、株式会社KDPから 事例発表を受けながら、座談会形式で歓談をいたしました。この中で、二酸化炭素削減のために いろいろな工夫を考えながら各社が取り組んでおられる活動事例が示されました。
 省エネグッズの紹介や補助金などのお得情報も紹介され、来年度への取り組みを約しながら無事終了することができました。

 なお、本事業は大阪湾広域臨海環境整備センター様の助成金を活用させていただいております。まことに有難う御座いました。



このページのトップへ



●第3回セミナー 「廃棄物の排出事業者責任とCSR」

○ 日 時:平成22年2月12日(金) 午後1時30分〜午後5時
○ 会 場:アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟11F

 事業系一般ごみや産業廃棄物を処理する責任は、その廃棄物を排出した事業者にあります。
「責任をもって処理する」とは具体的にどういうことなのか、大阪市からの指導項目や、産廃処理業者から見た排出物の処理やリサイクルの実態を説明していただきました。 また、廃棄物処理を通して環境保全とCSRを進めていく経営手法のヒントもお伺いしました。
 セミナー終了後は、会場となったアジア太平洋トレードセンターで行われている新しい都市型産業「野菜工場」を見学しました。
当日は多くの事業者から参加を得て盛況のうちに終了しました。(52名)

     

セミナー内容
@「事業系ごみの適正区分(事業者の責任)について」
 大阪市環境局環境施策部事業系ごみ減量担当  宮崎課長代理
 廃棄物の適正な区分や事業者に対する啓発指導やごみ減量に向けての大阪市の基本計画を説明いただきました。

A「産業廃棄物の処理とリサイクル」
 三重中央開発株式会社 環境ソリューショングループ 次長 嶋本文夫様
  大栄環境グループとして近畿県内で活動されている施設の事業紹介を通して 産業廃棄物のリサイクルや最終処分場の活用の実態をお聞きしました。

B「顧客感動の経営―CSRは経営の要諦」
 有限会社 グリーン戦略研究所 代表     佐々木雅一様
 「CSRは経営の要諦」「ブランド価値は企業の命」などの経営理念と環境へ の取り組みが重要であるとのお話をお伺いしました。


このページのトップへ



●地域部会の活動


 本年度は、東成地域部会と淀川地域部会がそれぞれの総会に先立って、合同で工場見学を行いました。
3S活動から初めてISO9001,EA21に取り組まれ、ロス削減で素晴らしいエコ活動をしておられる 大東市の且R田製作所様を見学させていただきました。
 資材や工具・文房具から掃除用具にいたるまで徹底した3S活動の成果を3時間に及ぶ 丁寧な工場案内や説明をしていただき、参加者からの事後のアンケートからも、 「大きな感動と自社での取り組みのヒントを得ることができた」など、感謝の言葉が多く届けられました。

東成地域部会

平成21年度東成地域部会総会報告
1 開催日時 平成22年2月1日(月)午後6時〜
2 開催場所 Dining Stage 510
   (ダイニングステージファイブテン)
3 議  題
  第1号議案 平成20年度活動報告
  第2号議案 平成20年度収支決算書及び会計監査報告
  第3号議案 役員の改選
  第4号議案 平成21年度活動予定・収支予算(案)

 総会は淀川地域部会との共同見学会のあと実施され、議案について満場一致で承認、 可決されました。役員の改選については現行役員様が留任されることとなりました。
総会後は交流会を実施し、当日見学会の総評や意見交換を行い、更に、今後の東成地域部会の 有意義な活動を継続していくことを確認致しました。

淀川地域部会

1 開催日時  平成22年2月1日(月) 午後6時30分〜
2 開催場所  レジャービルサンポードシティ 4F 大会議室
3 議  題
  第1号議案 平成20年度活動報告
  第2号議案 平成20年度収支決算書及び会計監査報告
  第3号議案 役員の改選
  第4号議案 平成21年度活動予定・収支予算(案)

 総会は東成地域部会との共同見学会のあと実施され、議案について満場一致で承認、 可決されました。
 役員の改選については稲村部会長(田岡化学工業梶jに代わり山本様(潟_イヘン)が 新部会長に就任されることとなりました。  総会後は参加者全員で情報交換会を行い、日ごろの業務内容から個人の趣味のお話まで、 和やかなひと時をすごしました。

西地域部会

 平成22年2月23日に役員会を行い、西地域部会の今後の活動について討議が行われました。
 今後の活動として、『わが社の環境への取り組み』をテーマに、 会員各企業の事例発表会を行う方向でまとまりました。

  

このページのトップへ



●地球温暖化防止パートナーシップフェア

○ 日 時:平成21年12月12日(土) 午後1時00分〜午後4時15分
○ 会 場:クレオ大阪中央(ホール)

 大阪市と「なにわエコ会議」は、「地球温暖化防止パートナーシップフェア」を開催しました。
 本年は、12月7日からデンマークのコペンハーゲンで気候変動枠組条約第15回締約国会議 (COP15)が開催されており、京都議定書に続く2013年以降の地球温暖化対策に世界で取り組むための 新たな国際的枠組みについての動向に注目が集まる中、南 克昌会長にもご出席いただきました。
 今回の地球温暖化防止パートナーシップフェアは、3部構成で、地球温暖化防止について考え、 ごみ減量や省エネルギーなどの身近な環境保全行動の実践をわかりやすく楽しんでいただきながら 紹介するイベントとなり、また市長が出席するなど、会場は大勢の皆さんで賑わっていました。
 第1部は、環境保全行動に関し顕著な功績のあった個人、団体及び事業者 を表彰する「平成21年度大阪市環境表彰」表彰式を、 第2部は、ごみ減量の取り組みのひとつとして、大阪市、なにわエコ会議並びに事業者の3者が 協働してレジ袋の更なる削減に取り組むため、「レジ袋削減協定」締結式を行い、 第3部では、基調講演、講演、和太鼓の演奏を行いました。

<基調講演>
テーマ「家庭からはじめるごみ減量と温暖化対策」 講師:花嶋 温子 氏
   大阪産業大学 人間環境学部 生活環境学科 講師

<講演>
  テーマ「地球環境にやさしい身近な実践例」 講師:坂本 茂代 氏
   NPO法人 グリーンコンシューマー大阪ネットワーク 理事

<イベント>
「和太鼓によるコンサート」 奏者:雅(みやび)



   


このページのトップへ



●第2回視察研修会(大阪PCB廃棄物処理施設、大阪市舞洲工場)


○日    時:平成21年11月27日(金) 13時00分〜
○視察研修先:
◎大阪PCB廃棄物処理施設(大阪市此花区北港白津)
   トランス・コンデンサ等の電気機器の廃PCB油の処理工場
◎廃棄物処理施設 大阪市舞洲工場(大阪市此花区北港白津)
   最新の公害防止施設の採用や最大限の余熱利用し、オーストリアの芸術家 にデザインを依頼した美しい外観の工場

日本環境安全事業株式会社 大阪PCB廃棄物処理施設

 日本環境安全事業株式会社(JESCO)様では、昭和49年に製造や新たな使用が禁止された ポリ塩化ビフェニル(以下、PCB)廃棄物を安全・確実を最優先に適正な処理をされています。
 大阪PCB廃棄物処理施設は、全国5箇所の処理施設の一つとして平成16年4月より 100%政府出資により設立されました。
 視察研修会当日、西棟では、トランス・コンデンサ等の電気機器のPCB洗浄・ 分離処理設備について、東棟では、廃PCB等のPCB油等のPCB分解処理設備について、 情報公開設備の映像や実際に作業されている様子とともに、説明をしていただきました。
 両棟とも処理設備の安全な運転、処理の確認、排出モニタリング等が厳密に行われていました。
 参加者からは、それぞれの企業で抱えるPCB処理の課題などについて質問がされ、参加者の関心の高さが伺えました。

 

大阪市環境局 舞洲工場

 舞洲工場は、平成13年に竣工され、外観のデザインは、ウイーンの芸術家である 故フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏が手がけられました。
 自然界に直線、同一物が存在しないことから、曲線が多く取り入れられ、 建物の周りは緑で囲まれています。従来のごみ焼却工場のイメージを払拭するデザインであり、 夜間はライトアップも実施されているそうです。
 工場内には、焼却炉のほか余熱利用による発電設備、排ガス中のダイオキシン 類等有害物質を最新の技術で処理する設備、粗大ごみ処理設備などが備わっています。
 ひと通りの説明を受け、概要などを説明したビデオを見た後、2組に分かれて工場内を見学しました。
 工場内の見学コースは、小学生にもわかりやすく、また通路には手すりが備え付けられているなど、 見学施設としても十分整っていました。
参加者から積極的に質問する場面も見られ、見学予定時間の1時間半はあっという間に過ぎてしまいました。

 


このページのトップへ



●第2回セミナー「改正省エネ法」「事業者の省エネ」


 「改正省エネ法の概要と実務上の対応」では、改正省エネ法のポイントや 事業者に求められる内容について、詳細なQ&Aを交えながら講義いただきました。
 具体例が示され、受講者からは、わかりやすかったとの声をいただいております。
 「事業者の省エネルギー」〜二酸化炭素削減のアイデア〜では、事業者が、オフィス、 工場等で実施できる二酸化炭素削減について多くの事例を紹介いただきました。

 受講者にとって、職場における省エネに取り組むためのアイデアがたくさんつまった内容でした。

   平成21年10月2日  (参加者:47名)
   大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)

   セミナー1「改正省エネ法の概要と実務上の対応」
     講師:エネルギー管理士(コンサルタントオフィスWATT代表)       野網 正幸氏

   セミナー2「事業者の省エネルギー」〜二酸化炭素削減のアイデア〜
     講師:エネルギー管理士(省エネ普及指導員・環境カウンセラー・建築士) 宇田 吉明氏
   


このページのトップへ



●第1回視察研修会
   ゼロエミッション等活動視察研修会
    ダイキン工業株式会社 堺製作所金岡工場

空調設備の世界第2位のメーカーであるダイキン工業株 式会社様は、CSR・環境への取組みも充実し、企画・設計 段階での製品アセスメントを採用するなどエネルギー効率 の高い省エネ空調機器を生産されています。

 また、循環型社会の形成をめざした取り組みで工場ライ ンでのゼロエミッションを達成し、廃棄物処理費の削減も 実現されています。リサイクル率の向上、ジャストインタ イムの採用や工場内の整理整頓の徹底など、無駄を省いた 効率的な運営がなされています。

 視察研修会当日は、さまざまな商品の紹介をするソリュ ーションプラザや、空調室外機の生産ラインの見学、その 他にもコンビニで採用されている省エネシステム、徹底し た社員教育等の紹介もあり、これらの生産工場としての取 組みの中には様々な分野で、参考になる点が多くあったよ うで、参加された企業の皆様からは質問も活発にされ、有 意義な視察研修会となりました。

   平成21年9月17日
   大阪府堺市 ダイキン工業轄苣サ作所 金岡工場
   参加者:41名



このページのトップへ



●第1回企画委員会




1、開催日:2009年7月15日(水) 14時00分から15時30分
2、場 所:piaNPO(港区築港)  601号会議室
3、委員:平和製罐株式会社 ISO管理室長        松井恭治 委員長
     関西電力株式会社 南港発電所 計画課係長   勝見勝博 委員
     住友化学株式会社 大阪工場 総務担当課長   植田浩志 委員
     アジア太平洋トレードセンター株式会社 課長  前田敏彦 委員

4、議事:
(1) 新企画委員の紹介
  本年度より、植田委員と前田委員の新任があり、冒頭にメンバー全員の紹介を行った。
(2) アンケート結果
   通常総会(6月25日)に行ったアンケートの集計結果の報告。
 ・セミナーで取り上げてほしいテーマ=廃棄物対策、リサイクル、省エネルギー対策
 ・視察研修会の希望行き先=廃棄物先進事例、省エネ先進事例、リサイクル先進事例
(3) 視察研修会先について
 ・日程、行き先については事務局に一任された。
(4)第2回セミナー内容について
  アンケート結果に基づいて、「廃棄物対策、リサイクル、省エネルギー対策」から選ぶ。
  講師、内容、時期については、事務局に一任された。
(5)その他
 ・騒音計の貸し出し
 ・環境出前講座リーフレット


このページのトップへ



●第1回セミナー
   「EA21大阪市自治体イニシアティブ説明会



 日時:平成21年7月8日(水) 午後2時〜
 場所:港区築港  piaNPO  601会議室

 エコアクション21(EA21)の自治体イニシアティブに今年も大阪市は参加をするべく、 事業者向けの説明会を行いました。
 19社の参加があり、また構築支援のための専門家集団も20名集まって、 EA21と自治体イニシアティブの説明や前年度の参加企業で見事認証取得をされた 金陵電機株式会社様からの事例発表も行われました。
 この説明会の後、9月から認証取得に向けたスクールが4回開催され共にEA21の 構築をめざすことになり、来春にはまとまった数の事業者の認証が得られ、 その結果、大阪市域内で二酸化炭素の大幅な削減効果が期待できることになります。

”ただ今、スクール受講者募集中 問合せは協議会事務局へ”


このページのトップへ



●第2回理事会

第2回理事会(総会を中断して開催しました)
 日 時 平成21年6月25日(木)午後1時40分
 場 所 クレオ大阪西

   議 案 会長、副会長の選出(理事24名の互選による)

 会長
   南 克昌氏 西成区 (医)ダイワ会 大和中央病院理事長
 副会長
   金子 千万利氏   東成区  有光工業梶@常務取締役
 副会長
   辻 隆之氏   旭区  椛セ洋工作所 代表取締役会長


このページのトップへ



●通常総会及び講演会

 

 6月25日(木)午後1時からクレオ大阪西において開催されました。
 冒頭の田中会長挨拶の後、大阪市環境局檜垣局長から大阪市の平成20年度の大気汚染測定結果で 二酸化窒素並びに浮遊粒子状物質が測定を開始して以来、初めてすべての測定局においてともに環境基準に 適合したことなどは協議会の皆様方のご協力の結果である・・と感謝を込めたご挨拶をいただきました。
(出席会員72名、書面表決会員172名、委任状提出会員38名、計282名)

 第1号〜第3号議案(第1回理事会と同様)の審議承認の後、総会を中断して第2回理事会を開催し、 新たに会長副会長を選出、田中前会長、南新会長が挨拶されました。その後南新会長が議長につかれ第4号、 第5号議案(第1回理事会と同様)を審議承認され閉会となりました。
 引き続いて大阪市から「おおさかライトダウン」、「大阪打ち水大作戦」、 「大阪市太陽光発電補助制度」「自動車交通環境計画」等環境施策について報告されました。

 総会後の講演会は、大阪産業大学 人間環境学研究科 教授花田 眞理子氏をお迎えし、 「低炭素時代に求められる企業の社会的責任(CSR)」というテーマでご講演いただき参加者の皆様は熱心に 聞き入っておられ大好評で次のように締めくくられました。
 『本当の豊かさ』とは・・・?
   * エコ・コンシャスなイキイキとした時間
      たとえばティータイムも一工夫するだけで美味しくて、
      安くて、ちょっと気持ちいい・・・
   * 経済社会もエコ・ダイエット
      決めるのは市場の評価・反応です
   * それぞれの主体には社会的責任あり       ISOでもSRとして規格作りが進んでいます   なお、今回も講演会や大阪市の事業説明、今後の協議会へのご要望などを お聞かせいただくためにアンケートを実施しました。
この結果をもとに今後の具体的な取り組みについて企画委員会で検討していきます。


このページのトップへ



●平成21年度理事会

 4月22日(水)14時からあべのルシアス12階 第1会議室において、平成210年度第1回理事会が行われました。
 6月予定の通常総会に向けて、各号議案(案)の審議などが行われ委員からの活発な審議がなされたあと、承認されました。

 第1号議案  平成20年度事業報告
 第2号議案  平成20年度決算報告及び監査報告
 第3号議案  役員の改選について
 第4号議案  平成21年度事業予算(案)
 第5号議案  平成21年度事業計画(案)

 報 告 「事業者の環境意識と今後の環境施策について」
 大阪市環境局環境施策部環境計画担当 馬越担当課長

このページのトップへ
このページのトップへ