大阪市環境経営推進協議会
事業者による「環境経営」実現のサポートを致します。







平成19年度活動報告



平成19年度の活動内容
第3回セミナー「知って得する廃棄物管理の実際」 2008年4月16日(水)
淀川地域部会設立総会とセミナー 2008年2月25日(木)
第2回セミナー「企業で実施できる省エネ対策とアイデエア」 2008年1月24日(木)
地球温暖化防止パートナーシップフェア 2007年12月1日(土)
記念講演会〜新たなる旅立ち〜 2007年11月13日(火)
ゼロエミッション活動視察研修会 2007年9月18日(火)
第1回セミナー「環境経営システム認証取得セミナー」 2007年8月30日(火)
第1回企画委員会 2007年7月23日(月)
大阪市環境経営推進協議会設立総会 2007年6月26日(火)
   



第3回セミナー「知って得する廃棄物管理の実際」

平成20年4月16日(水)午後2時00分から大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)において、
セミナーを行いました。
実施は4月に入っておりますが、平成19年度の活動の一環として行っております。

事前の会員様へのアンケートにより、興味のあるテーマとして多くの要望のあった、
廃棄物管理に絞って、2つの講演を行いました。

@「廃棄物管理強化とコストダウン手法」
株式会社リサイクルワン  取締役 本田氏

A「ゼロエミッションへの取組」(リサイクルからレデュースへ)
ダイキン工業株式会社 滋賀製作所 村治氏

 

 



このページのトップへ




2008年2月25日(月)午後3時〜
淀川区地域部会発足総会開かれる

大阪市淀川区のレジャービルサンポードシティ4Fにて、大阪市環境経営推進協議会
淀川部会の総会が開かれ、15社の会員様にお集まりいただきました。

(1)淀川地域部会規約の制定について
(2)役員の選出について
の議案が承認された後、2つのセミナーを行いました。

(1)大阪市環境基本計画について
大阪市環境局企画部担当係長(環境基本計画担当)吉岡 均 氏

(2) 様々な省エネ対策とアイデアについて
環境カウンセラー  宇田 吉明 氏

その後、意見交換会が実施され、出席会員間の交流の場が
設けられて和やかなうちに終了いたしました。

このページのトップへ




第2回セミナー「企業で実施できる省エネ対策とアイデア」
ー電気・燃料・水 もうチョットなんとかなりまへんかー
平成20年1月24日(木)  大阪府立女性総合センター

 省エネ事業活動における環境アイデアと省エネに関わる講演を行うと共に
各会員で抱えている省エネの問題点やアイデアを会員間で相互に共有することにより、
会員の交流及び環境保全活動を促進するためのセミナーを開催しました。





セミナー内容
   @電気コストを下げる様々な手法について
              関西電力株式会社
   A様々な省エネ対策とアイデアについて
              省エネ普及指導員・環境カウンセラー  宇田 吉明 氏
   Bわが社の省エネ対策とアイデア、困っていること
       グループ討議(参加者41名が5チームに分かれて各社の実情を話し合いました。)


このページのトップへ




地球温暖化防止パートナーシップフェアの開催
平成19年12月1日(土)  クレオ大阪中央ホール

      主催 大阪市、なにわエコ会議
         大阪市環境経営推進協議会員は、なにわエコ会議のエコパートナー(会員)です。



第1部 大阪市環境表彰の表彰式
大阪市が市民の自主的な環境保全行動を促進することを目的として特に顕著な功績のあった個人、団体、事業者を表彰します。
当日は、柏木大阪市副市長から、次の皆様に表彰状などが授与されました。

(表彰者)
○個人の部;小原 純子(大阪市淀川区)
○団体の部;シニア自然大学(大阪市福島区)
○事業者の部;凸版印刷株式会社(大阪市福島区)
       ザ・パック株式会社(大阪市東成区)


第2部
◆基調講演
テーマ:地球温暖化から見えるもの
講 師:気象予報士 筒井 幸雄(現在NHK「おはよう関西」でご活躍中)


◆かけあいトーク
テーマ:うちエコ
出演者:環境カウンセラー/    宇田 吉明
    なにわエコライフ普及員/ 長谷川 勝美


◆イベント
創作ダンス「京炎そでふれ!」
出演者:京都女子大・京都大学・京都府立大学


このページのトップへ




大阪市都市環境協議会連合会ファイナル
〜新たなる旅立ち〜
平成19年11月13日(火)  クレオ大阪西ホール



 各区にありました都市環境協議団体がこの6月に統合され、新たに大阪市環境経営推進協議会が
設立されました。今まで24区にありました都市環境協議団体の連合組織であります大阪市都市環境
協議会連合会の解散と新組織であります大阪市環境経営推進協議会のこれからの活動を記念して
記念講演会が開催されました。
 大阪市環境経営推進協議会会長の田中会長及び大阪市環境局長の檜垣局長のご挨拶の後、
元大阪市環境審議会会長代行で、現在は日本気象協会大阪支部顧問の中野道雄氏の
「大阪市における大気環境問題の推移」と題した、大阪の大気汚染公害問題の歴史の
講演をいただきました。

 その後、落語家の桂 米二師匠の環境落語「始末の極意」で笑いの中にも、始末の大切さを
感じるひと時をすごしました。
また、「もったいない」の精神でマイ箸を持ち歩くことで限りある資源を大切に使うライフスタイルを
はじめていただくように、記念品に「マイ箸セット」を皆様にお渡しいたしました。

このページのトップへ




ゼロエミッション活動視察研修会
明治製菓株式会社大阪工場 (高槻市)



 非ゴミ3原則」を掲げ、独自の「R100活動」(リデュース、リユースを推進し、
リサイクル率100%にチャレンジする取組み)を展開し、2000年に農林水産大臣賞を
受賞された明治製菓株式会社大阪工場を見学させていただきました。

46名の参加者が工場内を見学させていただき、最後の質問では、「作業場の温度設定」
「見える化とは」「大阪工場の取組み分野」「コスト削減効果」「従業員の意識」
「派遣職員の意識啓発」「ESCO事業」「PRTR法関係」「環境問題に取組む組織・体制」
「チョコレートの廃棄物の取り扱い」「グループ会社を除きCO2が、2006年に1990年比で
27%削減されたことの主原因」など多岐にわたる質問が出されて会員の関心の高さを
実感できました。

このページのトップへ




2007年8月30日(木)
第1回セミナー「環境経営システム(エコアクション21)認証取得セミナー」
(大阪港 piaNPOにて) 


中小企業向けに環境省も取り組むべき戦略と位置づけた「エコアクション21」。
大阪市のイニシャティブのもと無料の集合研修で、環境システムを構築できる
プログラムの説明会が行われました。

当日は、12社15名の参加者が集まる中、「エコアクション21とISO14001との違い」
「エコアクション21の概要」「自治体イニシャティブ・プログラムの説明」の他、
認証取得企業の事例を平和製缶蒲lに紹介いただきました。

10月からの集合研修へ参加してみようという企業様も多くあらわれて、
活気のある説明会になりました。このあと、10、11、12月と来年2月の4回の研修のなかで、
事業所毎に適切なアドバイスを受けながらエコアクション21の色々な要求事項を構築し、
来年春のエコアクション21認証取得を目指します。

このページのトップへ




第1回企画委員会
(大阪港 piaNPOにて、2007年7月23日(月)) 

企画委員メンバー
住友化学株式会社大阪工場        阿久津 聡 様
社団法人港産業会             井上 忠招 様
関西電力株式会社南港発電所       勝見 勝博 様
アジア太平洋トレードセンター株式会社  北澤 弘行 様
平和製罐株式会社             松井 恭治 様


企画委員長及び副委員長の選出の後、平成19年度視察研修会、
今後のセミナー内容、ニューズレターのタイトル及び内容などの議事が
行われました。

このページのトップへ





2007年6月26日(火) 平成19年度設立総会 開催
(クレオ大阪中央にて) 


大阪市環境経営推進協議会の設立総会が行われ、会長挨拶、大阪市挨拶の後、規約、
平成19年度事業計画、会員会費、事務局業務、平成19年度収支予算、会計監事の選出などの
議案が審議、承認されました。

その後、田中 睦会長からの設立宣言があり、新会員とともに大阪市環境経営推進協議会は、
あたらしいスタートを切りました。

記念講演として、米国元副大統領のアル・ゴアの著書「不都合な真実」の翻訳者として
著名な枝廣淳子氏の「温暖化の時代で生き残れる企業、生き残れない企業」と、
月刊誌『日本一明るい経済新聞』を発行されるなど幅広い活動をしておられる
竹原信夫氏の「地球・人にやさしい会社はやっぱり元気!」を講演いただきました。


大阪市環境経営推進協議会設立宣言
        会長  田中 睦

 大阪市域では、第2次世界大戦後、産業活動が活発化するに伴い、スモッグの発生等の
大気汚染問題が大きな社会問題となってきたことから、昭和30年代から40年代前半
にかけて、各区ごとにばい煙防止団体などを設立し、ばい煙防止・公害防止などの
都市環境問題の解決に取り組んできました。

 その結果、大阪市の環境の状況は大きく改善されてきましたが、一方では、この間に
環境問題は大きな質的変化が生じ、私たち事業者は、地球温暖化防止、廃棄物削減、
リサイクル促進、化学物質管理など、新たな環境問題解決について積極的に取組み、
環境負荷を低めることで社会的責任を果たすことが求められています。

 このような状況のもと、多様化した環境問題の解決にこれまで以上に積極的な役割を果たすため、
24区の地区都市環境協議団体を統合し、新たに大阪市域を活動単位とする新組織として、
大阪市環境経営推進協議会を設立することとなりました。

 「設立総会」では、私たちは、以上の共通認識のもと、事業者・団体が相互に連携協働し、
環境経営、環境保全に関する知識と技術の向上及びその交流を図り、もって自主的な環境保全
への取り組みの推進と快適な都市環境の保全と創造について積極的に進めていくことを、
お互いに確認しました。

 今後とも、協議会活動の充実をはかり、企業の自主的な環境配慮活動や環境経営の推進など、
時代の要請に対応した活動を推進することを、ここに宣言します。
                   (平成19年6月26日設立総会にて)

このページのトップへ